Daily Archives: 2016-10-24

その他

メラニン色素に反応する光を用いて脱毛を行うフラッシュ脱毛は、肌にメラニン色素が沈着している場合は施術を行うことはできません。たとえば、日焼けした肌にはメラニン色素が含まれています。このような肌にフラッシュ脱毛に使用される光を当ててしまうと、火傷のような症状が現れてしまい、非常に危険です。そのため、日焼けした状態で脱毛サロンを訪れると、施術を断られるのが一般的です。

そして注意しなければならないこととして、施術期間中に肌を焼かないようにする必要もあります。フラッシュ脱毛は少なくとも数ヶ月の期間を必要とします。ですから、その間屋外で長時間過ごすと、肌は日焼けしてメラニン色素を含んでしまいます。こうしたことに十分注意する必要があるのです。

また、ホクロにもメラニン色素が含まれています。しかしホクロに対してはカバーがなされて施術が行われるのが一般的です。そのため大きな問題となることはありません。

しかし、ホクロから生えているムダ毛を脱毛したいという場合、当然のことながら施術は不可能です。このようなケースではホクロ自体に光が照射されてしまうために、ホクロに火傷の症状が現れてしまうのです。こうした点をしっかりと理解し、脱毛サロンで施術を受けます。