Monthly Archives: 10月 2016

その他

メラニン色素に反応する光を用いて脱毛を行うフラッシュ脱毛は、肌にメラニン色素が沈着している場合は施術を行うことはできません。たとえば、日焼けした肌にはメラニン色素が含まれています。このような肌にフラッシュ脱毛に使用される光を当ててしまうと、火傷のような症状が現れてしまい、非常に危険です。そのため、日焼けした状態で脱毛サロンを訪れると、施術を断られるのが一般的です。

そして注意しなければならないこととして、施術期間中に肌を焼かないようにする必要もあります。フラッシュ脱毛は少なくとも数ヶ月の期間を必要とします。ですから、その間屋外で長時間過ごすと、肌は日焼けしてメラニン色素を含んでしまいます。こうしたことに十分注意する必要があるのです。

また、ホクロにもメラニン色素が含まれています。しかしホクロに対してはカバーがなされて施術が行われるのが一般的です。そのため大きな問題となることはありません。

しかし、ホクロから生えているムダ毛を脱毛したいという場合、当然のことながら施術は不可能です。このようなケースではホクロ自体に光が照射されてしまうために、ホクロに火傷の症状が現れてしまうのです。こうした点をしっかりと理解し、脱毛サロンで施術を受けます。

皮膚炎を持っている

皮膚炎を持っている人の肌は非常に敏感になっています。そのためフラッシュ脱毛時の痛みが小さなものであるとはいえ、それがストレスを生じさせるほどの痛みに感じられることがあります。しかし、肌の状態をある程度整えば施術は可能です。

しかしフラッシュ脱毛は一定期間、脱毛サロンに通う必要があります。そのため肌の状態が一日、二日だけ調子がよければよいというのではなく、カウンセラーが長期間の施術に耐えられると判断された場合のみ、施術が可能となります。

またアトピー性皮膚炎の場合、それが完治することはないかもしれません。それでも条件は同じで、肌の状態が安定していれば施術は可能です。しかし、一般的には通院している病院の医師からの許可がなければ脱毛サロンでの施術はおこなうことはできません。また、脱毛希望箇所にステロイド剤を使用している場合、施術の約2週間前から使用をストップする必要があります。また飲み薬を服用している場合、服用の停止を求められることもあります。

そして当然のことながら、たとえ医師から脱毛の許可がおりても施術中に症状が悪化したり、薬の使用をストップしたことによるトラブルが発生した場合は、その後の施術の継続が許可されないこともあります。

妊娠中はNG?

技術的には、妊娠している女性にフラッシュ脱毛を施術することは可能です。しかし妊婦さんにストレスを与えることがないよう、多くの脱毛サロンは妊娠中の女性に対して施術をおこなわないところが多いです。

先にも述べたように、フラッシュ脱毛は痛みが少ないことで知られている施術です。それでも妊娠中の女性ホルモンバランスは常に変化を続けており、これが乱れたときに敏感肌になってしまうことがあります。そして敏感肌であるときに施術を行えば、当然のことながら施術の痛みは強くなり、この痛みはストレスを生じさせます。

こういったストレスは、妊婦や胎児に大きな悪影響を及ぼすこともあってリスクも高いため、エステサロンでは施術を受けていないケースが多いのです。さらに、施術中は体を自由に動かすことができません。妊娠中は体調が普段のときとは異なるために、フラッシュ脱毛時に放たれる光を見るだけでも疲れを感じることがあります。こうした状況も妊婦さんも体に負荷を与えることになりかねません。

妊娠すると女性のホルモンバランスが崩れるために、体毛が濃くなることもあります。しかしこれは一時的であるために、妊娠中に焦って脱毛する必要はないのです。

エステの注意事項

以前に比べると施術に必要となる費用が安くなったために、脱毛エステサロンに通ってムダ毛を脱毛する人が増えてきました。そして現在、脱毛サロンでの主な脱毛法は特殊な光を使用したフラッシュ脱毛と呼ばれるものになっています。この光は、メラニン色素にしか反応しないという性質を有しています。そのためこの光が肌に当たってもメラニン色素を含んでいるムダ毛にしか影響は及ばないために、非常に安全な施術として知られています。

またこの脱毛法が人気の理由の一つは、施術に伴う痛みが非常に少ないことです。特殊な光は少しずつ毛根に熱を与えていき、最終的にそれを弱らせる形で脱毛が行われます。そのため熱は小さな毛根に与えられることになるために、肌に加わる刺激は非常に小さなものなのです。

しかしこの小さな痛みが、ときには問題となることもあります。またメラニン色素はムダ毛だけではなく、日焼けした肌やホクロなどにも含まれています。そのため施術前には自分の肌や健康状態を必ずチェックしなければなりません。安全な方法ではあるものの、フラッシュ脱毛は誰もが受けられる施術ではありません。そのため施術できるかどうかがわからない場合は、必ず脱毛サロンのカウンセラーの指示を仰ぎ、それに従うようにします。

では、フラッシュ脱毛が難しくなるのはどのような状況なのでしょうか?まず妊娠中の女性に対する施術、そして皮膚炎が生じている場合の施術などについて説明します。